漫画ネタバレタイムス 「かぐや様は告らせたい」のネタバレ振り返りでみんなで感想・考察情報を意見交換しよう!

かぐや様は告らせたい215話(単行本225話)ネタバレ『大林ヒカルは守りたい』

かぐや様 ネタバレ

週刊ヤングジャンプ2021年23号第215話(5月6日発売)
大林ヒカル目線でお送りする今回の回。致してしまった2人、それぞれの報告トークを聞いてしまった、大林。それはどう彼に影響を与えるのだろうか。

前回 今回 次回
214話 215話 216話
【注意】これよりネタバレを含みます
予め本誌をお読みになった上で、作品理解を深め解釈の違いなどをお楽しみください。あなたの考える考察や感想はコメントで教えて下さい。

出典:赤坂アカ「かぐや様は告らせたい 215話 」

大林ヒカルのストレス

以前から怪しげであった大林ヒカル。
以前は公立高校の教師だったのが、校長先生の命令によって秀知院学園へ赴任してきたようだ。
一般人の大林からしてみれば、ボンボンばかりいるこの学校はストレスばかりであった。
唯一の一服は屋上でタバコを吸う時間であった。それすらも吸える場所は限られている。
お金持ちを見て愚痴を言うしかない。しかし、このままでもいられないと立ち上がる。
そんなとき、白銀御行と友人たちがトークをしている。

男子トークを盗み聞き

すぐさま聞き耳をたてた。

白銀御行は昨晩彼女とベッドインを果たしたということ。

もっと詳しくと盛り上がる男子たちの姿にお金持ちも一般人もそんなに変わらないんだと思うのだった。

まあ、そうか、お金持ちも恋に対して考え方は普通なのかと実感したのであった。

自分のときを振り返り、別に恋なんて大したものでもないなと思って大林であった。

女子トークを盗み聞き

大林は戻ろうとそのまま廊下を歩いていると、次に柏木渚たちの声が。

「最後までいっちゃった」というのが聞こえてきた。

四宮かぐやを質問攻めにする女子たち。

こちらもいかにも普通の女子高校生の姿である。

しかし、このままこんなトークをさせるわけにもいかないと、大げさにドアを開けた。

そうするとすぐに散って逃げるのであった。

1人取り残されたかぐやは聞こえていたのかと不安そうにチラチラと確認。

話をもちろん聞こえていたと大林がいうと、かぐやはパニックに。

しかしさすがのかぐや。

一瞬で脳をフル回転させる。

「してしまった」こと自体は校則違反でない、だが、不純異性交遊になるのか?
内申点や推薦に影響が?いや、しかしそれはお金と権力でなんとでもなる。

だが、白銀御行に何かあったらどうしよう。

とあわあわ。

かぐやは怒られるのではと今まで先生というものに叱られたことがないかぐやは思考停止したのか固まってしまうのだった。

大林はその状況を見て、生徒を導くのが教師の務めだと改めて思うのであった。

 

3年A組のクラス編成

3年A組は普通のクラスではない。

四宮かぐやを中心に学校が作ったクラスなのである。

かぐやは四宮財閥の1人娘ということでとんでもないお金持ちだが、思ってたより友達が多いようだと大林は感心する。

もしかして、先程の男子トークでの白銀御行が彼氏!?

恋愛とは

かぐやのことをあれだけ思って守ろうとしていたのから良い男であるかもしれないな、、、と思う大林。

しかし、四宮家は厳しくて普通の男女の恋愛な許されないと聞いたことがあるが、とふと心配になる。

まあ、金持ちの世界は別世界すぎて自分には関係ないし、面倒臭いことには関わりたくもないのだ。

まあでも生徒を守りたい気持ちがないわけではないので、守りためにはまずは信頼からと考えた大林は白銀に恋バナの話を振るのであった。

それを聞いて脅迫だと勘違いするかぐや。

恋愛OKと伝えてるつもりの大林のジェスチャーを見て、かぐやはお金を要求されてるもんだと勘違いが進む。

そして、羨ましいなぁ、と語る大林を見て、自分の若き身体を要求されてると、かぐやははたまた大きな勘違いをする。

「許せない。」と強く思うのであった。

そしてかぐやが出した結論は、お金で解決するとう考えに至った。

札束を大林に出す。

「上手くやりな。」と大林に去っていくのだった。

大林ヒカルの恋

大林ヒカルも実は町田先生のことを想っていたのだ。

しかし、自分に恋愛なんてと想っていたが、かぐやたちの姿を見て恋愛もいいものなのかもと改めて思い始める。

そんなとき、町田先生に会ったのだった。

大林の恋は始まるか否か。

今回のネタバレ感想まとめ

怪しげの大林ヒカル先生の正体が徐々に分かりましたね。
やはり、かぐやの監視役。というか四宮グループってどれだけデカイ財閥なのか忘れてました。あんお金持ち財閥の中でよくもまぁ、しっかりとした子に育ったものですね。入学当初は冷酷でしたね。本当のかぐやを引き出してくれたのが秀知院学園のみんなというところでしょうか。
そして何より、会長とかぐや、結ばれる!わたしなんだかんだしないと想っていたのですが、まさか。さすがヤンジャン!(笑)ちょっとディープな世界もしっかち描いてくれていますね。そんな2人を見て、恋愛というものの考え方を考え直させた、まさにラブパワー!!これから大林先生と町田先生の恋は描かれることはあるのでしょうか。

みんなの考える考察・感想は?

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)